アトピー性皮膚炎.Ⅱ 寒湿困脾が原因のもの―中医学・漢方と四柱推命

今晩は。
佑木 美月です。

2月4日に節入りし、本格的な庚子年がスタートしました。昨日は、四柱推命上級コース8期の修了試験の日でした。実際命を80分の間に、2命解命していただくという、少しハードルの高いテストですが、皆さんそれぞれのペースで勉強に励まれ試験にのぞまれていて、本当にお疲れさまでした。

さて、今日は昨年途中で終わってしまっていた中医漢方と四柱推命から、アトピー性皮膚炎についての続きをお話していきます。第1話を読まれていない方はこちらからご覧いただけます。

アトピー性皮膚炎.Ⅰ―中医学・漢方と四柱推命

中医学は八綱弁証といって、かなり細かな観点から病気の原因を探り、個人の体質を特定しそれに合わせた治療法を行いますので、アトピーもそれぞれに合わせた漢方治療になりますので、全員同じ治療方法にはなりません。

今日はアトピーでも原因が主に「寒湿困脾(かんしつこんぴ)」によるもの、これについて解説をしていきます。

これは、寒と湿によって五臓の脾が弱ってしまった状態をいいます。

アレルギー症状は五行でいう金、五臓では肺にあたりますがここに全て出てきます。喘息や蕁麻疹や鼻炎などです。そしてアレルギー症状を治すには、「肺」(金)を生む「脾」(土)を治療してあげないと完治しないのです。

アトピーの痒みは、主に水の巡りの悪さによる、皮膚の下の水の過不足が原因となっておこります。脾の役割の一つに「水を巡らせる」という働きがあります。この脾が弱れば、当然水の巡りが悪くなります。

脾は湿を嫌いますし、また胃腸の温度はだいたい37度くらいと言われていますのでそれより低い温度の飲食を続けていれば、胃腸が冷えてしまい働きが悪くなります。常温の水でも胃腸を冷やす原因になります。

さらに脾(土)と腎(水)が冷えすぎれば、冷えと熱が分離し冷えは下に、熱は上昇し顔がのぼせたように赤くなる「戴陽(たいよう)」となり、更に症状が進むと熱が体表全体に浮いて全身が赤くなる「格陽」と呼ばれる症状がでてきます。

身体を冷やさなければいいと、腹巻などされる方もいますが、胃腸は皮膚から深い部分にあるので温めるのに限界があるのです。ですから、普段摂取する飲食物で冷やさないようにする、これが大切になります。

また、甘いものや油物、肉類、小麦製品や乳製品は身体にある「水」を粘度の高いべたっとしたものにしてしまい、これを「痰湿」と言いますが、こうなると、より一層水が動きにくくなり水の巡りが悪くなります。また、これが筋肉や皮下組織に蓄積し、本格的な脂肪太りとなってやせにくい体質にもなってしまいます。またこれが癌の原因にもなったりします。

ですから、基本治療は胃腸を冷やさない食事をすることと、水が粘り気を帯びた痰湿に変わらないように、粘る食品を避けるということでしょう。

寒湿困脾に良い食材は、
食材:なた豆、いんげん豆、黒豆、にら、紫蘇、生姜、胡椒、山椒、クローブ、八角、ういきょうなどです。他に、繊維の多い野菜は痰湿を便から排出してくれるので良いです。お米も玄米にした方が良いですね。

四柱推命の観点からは、この体質になりやすい方は八字のエネルギーが湿に傾き、主に土金の働きが悪い方が多いです。大運で改善されれば良いですが、されない場合は注意となりますね。

寒湿困脾は実証ですが、私は最初これでしたがすでに脾は弱りすぎて(ひどい胃下垂もあって)、脾は虚証になってしまい脾陽虚や脾不統血の症状が出始めて、漢方などの服用で改善されてきた次第です。最近は胃下垂改善のためにも、毎朝ヨーガのヘッドスタンド(壁を使ってですが)3分行っています(笑)かなり快適ですよ~お勧めです♪

最後に実例から・・・

女命
丁未
己酉
辛丑
己丑

八字は秋の酉月生まれで湿土は団結し、全体が湿に傾いています。金気は大過し、土金のエネルギーの働きが悪くなっています。

辛亥大運で、湿型アトピー、喘息など交互にでていて、壬子大運でも湿型のアトピーがひどかったようですが、水を取り除く作用のある漢方薬服用で完治となっています。

八字は湿に傾き、大運で水強の大運をいきさらに寒湿の気が強力になりますから、冷えによる寒湿困脾、さらに進めば脾の虚証ともなりやすい体質と言えます。

ですが、不妊症などもそうですが八字で不妊体質でも漢方治療で妊娠した例も結構ありますから、自分の体質を見極めそれにあった漢方治療、時には鍼灸も取り入れたりなどで改善していく事はエビデンスがちゃんとありますのでできると言えるのです。

私も今2種類漢方を継続して飲んでいますが、昨年もういいかと思って数ヶ月やめたら、鼻血が毎日のように出始め(脾不統血によるもの)、再度飲み始めたらピタッと止まりました^^。保険適用の顆粒の漢方薬なら低価格なので無理なく継続することもできます。あまりに症状が進むと、顆粒では追い付かず毎日煎じて飲まないといけなくなるようです。

読者の皆様も、このブログを読んで日常簡単なことから始められる養生で、未病の段階をいち早く治し、健康的な身体づくりをすることの参考にしていただければと思います☆彡

 

 


【佑木 美月の無料メール講座】

<<運を切り拓くメソッド☆幸運体質をつくるための1分メール講座>>
週2回のペースで配信しています!

四柱推命上は悪い大運をいく私自身が、その運をどのような努力で好転させてきたのか、その秘訣と運をコントロールする技術、マインドセットの方法を書いています。運を良くしたい!もっと良い人生を送りたい!というのであれば「改運力の磨き方 運を切り拓くメソッド☆幸運体質をつくるための無料メール講座」をお読みください。
イベントやセミナーのご案内もこちらのメルマガ読者様の方に優先してご案内しています♪

 

【佑木 美月 YouTube】

講座風景や改運方法など動画配信しています!
https://www.youtube.com/channel/UClJgNFo7uWqgn9tofADeJUw

 

【現在募集中のセミナー・研究会のご案内】

1.研究会
・四柱推命研究科<<上級コース・卒業生の方対象>>
3月1日(日)10:30~12:30まで
場所:英国屋心斎橋店 3階個室
定員:10名→満席 キャンセル待ち受付中

・タロットリーディング研究会
2月19日(水)13:30~15:30まで
場所:事務所
定員:4名 →満席 キャンセル待ち受付中

3.中医漢方&漢方茶セミナー

・2月12日(水)16:00~17:30→残2席
・2月16日(日)10:00~11:30→受付中
内容:漢方レッスン1
「テーマ」五行説・五臓
五行(木・火・土・金・水)の関係、五臓(肝・心・脾・肺・腎)の働き
→詳細はこちらから

LINEで送る
Pocket