アカデミーについて

アカデミーについて
五術(命・卜・相・医・山)とは古代中国が産みだした方術です。
宇宙・地球・人間(天地人)との関係を解明し調和させることで、より良い人生を歩んでいくことができる方術であり、智慧になります。

この五術はそれぞれ独立した異なる特性を持った方術になりますが、お互いに密接なつながりを持ちながら関連しあっています。

日本では命術・卜術・相術の3つが運命学、占術として扱われていますが、それぞれ鑑定できる領域や強みが異なります。そのため命術・卜術・相術の全てを用いることで、より細やかに人間の運命や可能性を読み解いていくことができるのです。

宿命、運勢などをみるもので、生年月日、出生時間、出生地より、その人の生来の気質や傾向、人生の流れ等をみるものです。

東洋では四柱推命、紫微斗数、算命学、インド占星術など。
西洋では西洋占星術、数秘術など。

時間、事象、方位などを基本にして占います。占いをする時期、出た内容などをシンクロニシティさせて、事象を読み取っていきます。主に近未来の事象を読み解くのに優れています。

(占卜)断易、周易、六任神課など。
(選吉)奇門遁甲など。
(測局)太乙神数など。

西洋では
タロット、ダウジング、ルーンなど。

目に見える対象の姿や形をみて、人に与える影響や吉凶等をみるものです。

  • 面掌(人相・手相)
  • 名相(姓名判断)
  • 印相
  • 家相(陽宅)
  • 墓相(陰宅)
  • 風水地理(巒頭・理気)など。

病気の治療や保身、体質改善を行なうもの。

  • 方剤(漢方)
  • 鍼灸 など。

心身両面の修養法。これによって人間完成を目指す。

  • 養生(食餌(しょくじ)・築基(ちくき)):食事療法・呼吸法
  • 玄典(老子・荘子)
  • 修密(拳法・符呪)など。

人は順風満帆なときは特に悩みませんが、突然不幸な出来事が起こったり、思い通りに進まない時期が長く続けば心身ともに疲れ、先の見えない不安を抱えてしまうでしょう。

けれども何故そのような出来事が起こっているのか、その根本の原因と意味を知り、解決策をたてることができれば不安や苦しみからは解放されていくでしょう。又暗闇を抜け、良い時期がいつ巡るのかを知ることができれば、それを励みに苦しい時期を乗り越えていくこともできます。

当アカデミーでは、自分自身を深く知って運をコントロールし拓いていくことができるように、又プロの鑑定師を目指されている方には、末永く活躍していくことのできるしっかりしたスキルと、仕事を続けていく上で必要なマインドセットの両方を身につけて頂くことを大切に考えています。
五術のエッセンスを、楽しみながら学んで頂けるようにお伝えしています。

ホリスティック五術アカデミー
代表 佑木 美月

佑木 美月がお伝えする「ホリスティック四柱推命」について

ホリスティック四柱推命
ホリスティック(holistic)という言葉は、ギリシャ語で「全体性」を意味する「ホロス(holos)」が語源となっています。

四柱推命で知る事のできる宿命的運勢の部分を家に例えると、どのように自分にとって居心地の良い家を作っていくのか・・・それはあなたの努力と自由意志で如何様にも変えることができるのです。あなた自身で運をコントロールできる部分があるということです。

例えば、四柱推命でわかる自分の器が、小さな家だったとしても(大きな家が良くて小さな家が悪いというわけではありません。)、お気に入りのインテリアを置いたり、お花を飾ったりするなど、小さくてもお洒落で居心地の良い家を作ることができるのです。

仮に、自分の器ではない大きな家を無理矢理建てても、ローンの返済に苦労したり、掃除に手間がかかったり、部屋が余り過ぎて持て余してしまう結果になるでしょう。

幸せな生活とは、他人と比較して生まれるものでは無く、自分を深く知り、自分にとって心地よいと感じられる人生を送ることだと思うのです。

又、全く同じ八字で同じ命運をいく2人がいた場合、後天運に強く影響する育った家庭環境、人間関係、それぞれの想いや努力、感情のコントロールなどで良い運での良い事象の出方・悪い運での悪い事象の出方には差がでてきます。
これを私は「運の振れ幅」と呼んでいます。

それぞれのもつ命運の中での上限~下限の範囲内で、どのポジションを維持していくかということ、それが自分自身でコントロールできる運の部分にあたるのです。

「ホリスティック四柱推命」とは単に命運の吉凶を読み解くだけでなく、人間を「肉体・精神・魂」の三位一体からなるものと捉え、社会・自然・宇宙との調和にもとづく包括的な視点をも合わせて命運を読み解き、運を切り拓いていく方法をお伝えしています。

自分の素材と運を良く知ること、どのような点に注意し、改めていけば良いのかを知ることで、自分の人生を最良のものにデザインしていくことができるのです。