【お客様の声】四柱推命は人生の危機管理をする有用なツール

こんにちは。佑木 美月です。

 

雨水をすぎ、少しずつ暖かくなってきましたね。仕事にくわえて、5月の大きな試験もひかえ、毎日やることだらけであっっという間にすぎています。でも、今年目指していたもう一つの試験は無事合格!しましたので心理的には少し余裕がでています。

 

あ・・・大阪日日新聞さんの記事は明日、2月27日号にのりますので地域にお住いの方は目をとおしていただけると嬉しいです^^エリアは大阪市北区、福島区、西区に配布されます♪私のところもそうでしたが、今日届いている地域もあるようです。

 

後日30部届く予定ですので、欲しいという方はお配りできますので、お気軽にお知らせください^^

 

さて、今日は長年私のコンサルティングを受けられているお客様から、今までの感想をいただきましたので掲載させていただきます。

 


(T.A様 自営業 70代男性)

【四柱推命は人生の危機管理をする有用なツールの一つ。佑木先生に感謝!】

私は、2015年10月、佑木先生が四柱推命の本を出されたのをきっかけに、自分の運勢を見てもらいました。

 

佑木先生から私の運勢は、長期間にわたり好調な状況にあるので、事業は順調に伸び、今後も売上が伸びるでしょうと言われて、とても気を良くした記憶があります。

 

ただ、佑木先生から、73才になると強い運気の時期が終わり、悪くは無いけれど、健康に注意する必要があると言われました。

 

「そして、毎年の健康診断は、きっちり受けてください、特にガンの検診はするように。」と強く言われました。

 

これをきっかけに、2016年6月、私は十数年間、一度も受けなかった健康診断で、医師の薦めによりCT検査を受け、右肺に、X腺撮影では発見できない8mm程度の薄くて小さな影を発見することができました。

 

そして、6ヶ月毎の経過観察を経て2019年12月、影が18mmに成長し、肺腺ガンと診断されました。

 

幸いなことに転移がない早期発見であったため、手術をすることなく最先端の放射線治療で治療することができました。

 

私は四柱推命は、運勢に係る統計学だと思っており、今は、人生の危機管理をする上で有用なツールの一つだと思っています。

 

佑木先生のアドバイスがなければ、健康診断をすることなく、命に関わる重大局面に遭遇していたと思います。運気が弱くなる73才までに治療ができて本当に良かったです。

 

佑木先生には、心から感謝しています。

 

 

 

 

ご感想ありがとうございます^^

 

起業家・経営者は身体が資本です。

 

私のコンサルティングでは、心身のバランスを整え、本来の自分の能力を100%発揮していただくために、予防医学の観点からあらかじめ、いつ頃、どの部位に病気がでそうなのかをお伝えし、また日々の食養生のアドバイスも行っています。

 

未病の段階で防ぐのが1番ですが、なってしまっても早期発見につなげることができれば、大事にはいたりません。

 

また病気は悪いものではなく、宿命の病気以外は、本来の自分(魂の部分)と現実生活との間に何らかのズレが起こっている時にそれを本人に伝えようとして発生することが多いのです。

 

そこに気づくことができれば治っていくのも早いのです。逆に気づけないでいると、それが治らない又は病気を繰り返してしまう原因の一つにもなります。

 

 

四柱推命と中医学・漢方、病気についてもっと知りたいという方はこちらの動画をご覧ください^^

 

 

 

 

 


☆3月ビジネス1DAYセミナー「あなたのファンになるお客様のみつけかた」
早速お申込みをいただいています!

詳細はこちらからどうぞ♪

【1Dayセミナー】 あなたのファンになるお客様の見つけ方

 

【運を切り拓くメソッド☆改運力を磨く!無料メール講座】

メールマガジンの詳細やサンプルをお読みに
なりたい方は以下のページからご覧いただけます。

https://www.mituki-y.com/official-email-magazine/

 

 

【佑木 美月★公式LINE】

▼公式LINEのご登録で、

「目的達成までの道のりが
グーンと縮まる!!
改運花文字待ち受け画像」

をプレゼントしています!

友だち追加

 

LINEで送る
Pocket