やりたいことはどうやってみつけ、ビジネスにするのか

こんにちは。佑木 美月です。

 

少しフェイスブックでも先月つぶやいていたのですが、ご縁があって、大阪日日新聞さんがされる企画、夢を仕事にする方法~24のレシピ~にださせていただくことになりました。

 

24人の起業家、経営者の今の仕事をするまでのストーリーが1冊の本になります。&今月27日発行の新聞にものせていただくことになりました。

 

大阪の方は良かったらみてください^^エリアは北区、福島区、西区に配布されます。

 

新聞記事が欲しい!とすでに一部の方からは言われているのですが、欲しい方は無料でお渡しできるので私までお気軽にメッセージください♪本ができるのはもう少し先になるようです。またそれもできたらお知らせします~♪

 

先月インタビューを受けて、生い立ち~今の仕事をするまでの一連の流れを話していたら、担当の方にものすごい波乱万丈ですね~!とびっくりされたのですが、私より波乱万丈な方はもちろん沢山います。

 

それでも今夢がない、もてないという子供さんや若い方々のために、私の短い人生経験が少しでも参考になれば嬉しいなと思っています。

 

 

私自身は、大学生時代も四柱推命を学んで鑑定師の仕事につくなどとは、これっぽっちも考えたことがありませんでした。占いは、祖母と母が自営業(助産院を開業)をしていたので、やはり小さい頃から占い師さんは家に出入りしていたり、祖母や母もよくみてもらいにいっていました。

 

私自身も、その影響もあって18才で大阪に一人ででてきたときから、時々占い師さんにみてもらったりしていました。でも、もともと頭が理系的というか、根拠のないものは受け入れがたい性格をしていたので、みてもらいながらも、その頃はそれを人生において実践でいかしていくようなことはしていませんでした。まあ、本音の部分では「当たるも八卦、当たらぬも八卦」と思っていたのです。

 

幼少期から、私自身は祖母や母の後ろ姿をみていたからか、将来は結婚をして家庭をもちたいなど全く思っていなくて、とにかく仕事で世の中の人に認めてもらいたい、役に立ちたいと思っていました。

 

父は教師で教育熱心だったこともあって、小学校では勉強はトップ、その頃通っていた学習塾でもトップでした。小学校5.6年生の頃は学校の勉強が簡単でつまらないと思っていて、算数ももっと難しいものをやりたいと、自分で問題集を買って毎日算数の難問を解くのを趣味にしているような風変わりな子供でした(笑)

 

そして、将来の仕事は母親がしきりにすすめるドクターの道へは、進みたくないと思っていたのです。小学6年生頃は4才からピアノをやっていたり絵が好きだったこともあって、音楽の道、芸術の道に進みたいなと漠然と思っていました。でも勿論、両親から芸術家の道へ進むのは猛反対されるのは分かっていたので、自分の心の中だけにしまっていました。

 

その後、中学に入って・・・様々な葛藤からグレて、地元でも有名なワルになりました(笑)母も何回も学校から呼び出しをされていました。四柱推命では、庚日干でもともと水がそこそこ強いのに、また水の運がめぐって食傷大過になっていましたので、陽命ですし、反抗期が激しくなっても命運が示しているとおりで、おかしくはありません。

 

長くなりますので10代の頃の細かなお話は、はぶきますが、大学に進学し大阪にでてきたときは、法律を学べば世の中の仕組みや、人生の深い部分も分かるのかと思い、将来は弁護士や法律関係の仕事について困っている人を助けたいと思っていました。

 

しかし、これも私の期待していた学びが大学で得られず、大学も3ヶ月ほどで行かなくなりました(笑)

 

その後の学生生活は、自分がやりたいこと、没頭できる仕事を探すのに、さまざまなことをやって暗中模索していました。早くその答えを手に入れたいと、大学の授業には行きませんでしたが、図書館にこもって片っ端から哲学書などを読みあさっていた時期もありました。

 

また一時期は、絵にはまって、京都芸大出身の先生のもとへ基礎からしっかり学ぼうと、受験生に交じって1日8時間程度のデッサンをやり続けましたし、色彩理論も学びました。

 

そして、両親に大学をやめて芸大へ行きたいといったら、猛反対!され、中退になりそうな勢いでしたが、しぶしぶなんとか、大学を卒業しました。

 

その後、社会人になってから鑑定師の仕事にいたるまでのストーリーは過去のブログや本にも書いていますが、振り返って思うことは、私の場合は好奇心旺盛でやりたいことは沢山あって、やりたいと思うことは何でもやりました。

 

その中で、長く続けたいと思った、実際に続けられた勉強が20代でどん底だと思える時期に出会った四柱推命、五術、それから心霊主義(スピリチュアリズム)の哲学だったのです。

 

そして、会社勤めをしながらその勉強を続けている中で、少しずつ仕事になりはじめ独立できるところまでいったというわけです。

 

ですから、最初から、これで食べていこう!と思ってはじめたわけではありません。

 

さまざまな紆余曲折を経てみつけた道であるといえます。もちろん、今後もやりたいことがありますし、また社会情勢の変化などから、違う仕事をしていくということもあるかもしれません。

 

でも、どんな状況になっても一つ言えるのは、学んだこと、経験して失敗したと思ったこと、それらの何一つだって無駄なことはないということです。あとから振り返った時に、すべてのことが、今している仕事に生きているなと実感できているからです。

 

だから、なかなか上手くいかない、結果につながらないと言っても、その上手くいかなかったことがのちのち、自分のビジネスの材料になったりするわけですから、起業したいと思っている方は、失敗をしても前を向いてトライしていくことを大切に、失敗を恐れないでほしいなと思っています。

 

私たち人間は、失敗するために生まれきたとも言えるのです。それくらい身に染みるくらいの痛い経験をしないと、人の気持ちの深い部分もわからないし、自分自身が心の底から学び、変わろうとは思えないものです。

 

また、机上の空論ではなく、実際に沢山の経験をしてきた人の言葉は自然と重みがでてくるものです。

 

「失敗は磨き砂」です。

 

長くなりましたので、細かなストーリーは後の本をお楽しみに・・・☆彡

 

 

 

 

 

 

 

 


<<運を切り拓くメソッド☆改運力を磨く!無料メール講座>>

メールマガジンの詳細やサンプルをお読みに
なりたい方は以下のページからご覧いただけます。

https://www.mituki-y.com/official-email-magazine/

 

【佑木 美月★公式LINE】

▼公式LINEのご登録で、

「目的達成までの道のりが
グーンと縮まる!!
改運花文字待ち受け画像」

をプレゼントしています!

友だち追加

 

LINEで送る
Pocket