不眠症について vol.3ー中医学・漢方と四柱推命

こんばんは。佑木 美月です。

 

4月、四柱推命では、晩春の辰月に入りました。今年も今月末で3分の1が経過します。本当に早いですね^^日々、想いを込めて大切に1日を過ごしたいと思っています。

 

よく、「先生は悩んだり、落ち込んだりすることはないのですか?」と聞かれます。昔はくよくよと少しのことで悩んでいたことがありましたが、今は「悩み事」というのはないのです。問題はあっても、悩みにはなりません。

 

その問題を解決するために、深々と考えることはしますが悩みません。・・・が答えです。

 

私は悩み事というのは、受け入れられないから悶々と悩むのであって、課題として受け入れてしまえば悩むことなどなくなると思っています。

 

また、日々、あれもこれもと忙しく過ごしていたら、人生で起こる問題の「真(しん)・副(そえ)・控(ひかえ)」の中の副(そえ)や控(ひかえ)の部分にあたるものは全く気にならなくなるものです。

 

些細なことがすごく気になってしまう!という場合は、将来の目的のためにやるべきことを充実させていけば、忙しくて小さなことなど気にならなくなっていくはずです。

 

私は今、作物も種から育てたり、納豆や漬物、パンなどもほぼすべて手作りをしているので、毎日朝から晩までやることだらけで、悩んでいる間がないという感じなのです。美味しいもの大好き、食いしん坊なので、朝から今日は何を食べようか考えています(笑)

 

悩むことが多くて鬱々してしまう・・・という方は、自分の興味のあることなど何でも良いので、「忙しくしてみる」を、良かったらためしてみてくださいね。

 

さて、今日は中医学・漢方と四柱推命から不眠症の続きをお話していきます。今日は実証の「痰熱内擾」タイプです。

 

症状は、不眠、頭が重だるい・痰が多く胸が悶々とする・食欲がない・ゲップが多い・焦燥感・めまい、舌の苔は黄色っぽい、などがあります。

 

実証なのでまだ比較的元気で、正気もあります。

 

この不眠の原因は、飲食の不摂生などで、食べたものが消化管内に停滞し、湿の気が増加し痰を生じ、その痰によって熱が発生し、痰熱が上昇するために、心がかき乱されて穏やかでなくなり、不眠になるというものです。

 

痰食が停滞すれば気の巡りも滞っていきますので、胃気も失調してしまい、食欲不振やゲップがでる、悪心があったりします。

 

四柱推命で言えば、八字のエネルギーが、運才も含めてみて湿に偏っているようであれば、このタイプの不眠になりやすいと言えます。

 

肉や脂っこいもの、砂糖を使った甘いものなどは、消化が良くないうえに体内の水分をべたべたした粘っこいものに変え、余計に水分を排出させにくくしてしまい、これがまた水毒や痰の発生原因になるのです。

 

 

特に今の時期、花粉症や黄砂もそうですが、アレルギーで悩まれている方は、この体内の湿を排出することができれば、症状は軽減されると思います。

 

日々の食生活は、基本のキの玄米菜食を中心に、<まごはやさしいの食材>をバランスよく取り入れれば大丈夫です。

 

水分もとりすぎないように。できるだけオーガニックの自然な食材を取り入れていきましょう。

 

このタイプの不眠で悩まれている方に良い漢方薬は、「温胆湯(うんたんとう)」です。

 

温胆湯は痰を取り除く方剤です。また気の巡りを良くしたり、胃脾の働きをよくするなどの作用もあります。

 

食だけで改善できない場合は、改善するまで、一時的に漢方薬を使うのも良いと思います。

 

 


 

【運を切り拓くメソッド☆改運力を磨く!無料メール講座】

メールマガジンの詳細やサンプルをお読みに
なりたい方は以下のページからご覧いただけます。

https://www.mituki-y.com/official-email-magazine/

 

【佑木 美月★公式LINE】

▼公式LINEのご登録で、

「目的達成までの道のりが
グーンと縮まる!!
改運花文字待ち受け画像」

をプレゼントしています!

メッセージもお気軽に
送っていただけます♪

友だち追加

 

LINEで送る
Pocket

タグ: