オフィシャルメールマガジン

【改運力の磨き方】

~ビジネス・人生をワンランク上のステージへあげるための運を切り拓くメソッド~

自分の命運を真に良い方向へと改善させていくためには、吉方位、改名、家相を良くするなど、
一側面からのアプローチだけでは不十分です。

特に、外的影響に振り回されやすい感情のコントロール方法と、自分の体質にあった
安心安全な食生活ができるようにしていくことで、

心身のバランスが整っていき、穏やかな気持ちで毎日を送ることができるようになると、
ビジネスも、人生も自然に良い方向へと駒を進めます。

特別セッション、セミナーなどもメルマガ読者様の方に優先してご案内しています。

 

Chapter

ステージ Ⅰ.運を拓くためのマインドセット  (1回目~60回目くらいまで)

ステージ Ⅱ. 食で邪を祓う:中医漢方、薬膳、食育について

※2020年7月現在、Ⅱに入っています。
新規のメルマガ読者様には、第1回目から週2回ペースで順に配信されます。
特別なお知らせなどはスポットで配信されます。

メルマガの解除は、文末のフォームからいつでも自由にしていただけます。

 

メールマガジンサンプル

ステージⅠ.運を拓くためのマインドセットステージⅡ.食で邪を祓う

Today’s message

「腹6分でつき合う」

人との関係は近づきすぎると、
いつしか礼節を忘れ、

依存しあう関係になっていきます。

そうなると、
期待ばかりが大きくなり
期待が裏切られた時、

怒りや恨みの感情を
抱くことにもつながります。

けれども、そもそも人に
期待すること自体が、
依存心なのです。

自分は自分、
他人は他人。

親子だってそうです。

いつも自律心をもって、
腹6分くらいでつき合うくらいの
距離感を保っていれば、

付き合いたい人とは長く
良い関係でいられるし、

波長が合わない人との
トラブルも
少なくなっていきます。

いつも、人間関係の悩みを
抱えているという方は、

「人に期待していないか?」
振り返ってみてください。

Today’s message

「食べるものが自分をつくり、
未来をつくる」

中医学で、「望診」と
言われるものがあります。

どこが悪そうか、
その人の外見から
病気の判断をするものです。

これにも関連して、
毎日口にする食べものは、
自分の身体をつくり、
さらに精神面にも
作用しているのです。

低体温だったり、
疲れやすい、
普段イライラしてばかりいる、
落ち込みや不安が大きいなど、

体調面や
メンタル面の問題を
抱えている場合は、

食生活を見直し改善することで、
良化していくことが多いのです。

白砂糖は
低体温になりやすくなり、
免疫低下を招きますし、

また動物性食品を
多く取りすぎると
癌の原因にもなります。

健康に自信のある男性でも、
1日当たりの動物性食品は
100gは超えないように
した方が良いと言われています。

さんま1匹が
だいたい100gくらいです。

ケンタッキーフライドチキンの
可食部平均重量 87g
くらいです。

第二次世界大戦以降、
特に欧米化してしまった
日本人の食事ですが、

本来は長年食されてきていた
伝統的な食材が、
日本人の体質にあっていて
自然なのです。

よく言われる、

まごはやさしい=
豆、ゴマ、
わかめなどの海藻類、
野菜、魚、
しいたけなどの
キノコ類、イモ類。

肉やインスタント食品や、
菓子パンなど
ばかり食べているという方は、

これらの食材を普段、
偏りなくバランスよく
とることで、

体調の悪さが
改善されていく事も
多いと思います。

 

メールマガジンの配信を希望される場合は、以下からご登録いただけます♪