四柱推命的視点も絡めてみる、ビジネスにおけるリポジショニングの方法とタイミング-Part.1

今晩は。
佑木 美月です。

先週は東京と大阪で開催された
大学の「事業構想ラボ」に参加していました。

そこで各自プレゼンをしていくのですが、
学生の皆さんのプレゼン資料&プレゼンが素晴らしすぎて
圧倒されまくっていました(笑)

でもせっかくの機会なので下手糞でもいいから、半歩!踏み出してみようと、
パワーポイントでさえあまり使ったことがないというレベルなのですが、
金曜の夜中に夜な夜な一応プレゼン資料を作成し、土曜日に間に合わせました。

当日は・・・ちょっと緊張しながらミーティングルームへ行くと、
先生が「大丈夫!完璧でなくても、きれいにできてなくてもいいんだよ~!」
と言ってくださったので、ほっと安心。

プロジェクターへの映し方も分からずで、
同級生の仲間に横で手伝ってもらいながら
なんとか・・・初プレゼンをやり終えました~!

その後は貴重なフィードバックを沢山いただけたので
やっぱり挑戦して良かったと思ったのです。

初めてのことは上手くいかなくて、恥をかいたらどうしよう!
こんなことも知らないなんて思われたらどうしよう!
という気持ちはおこりがちです。

しかし、初めては誰だって上手くいかなくて当たり前。

勇気をもって半歩!ふみだすと思った以上の価値があるので、
恥を捨て果敢にチャレンジしていくことで、
とても貴重な体験をつくっていくことができるのでお勧めします。

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥 」
とも言いますからね!!

さて、今日のタイトルにお話をもどします。

ビジネスのやり方について、身近なご相談からこれだけは避けた方がいい!
と思うことを今日はお話していきます。

起業して、数年が経過して仕組みができて売り上げが安定してきている中、
マンネリ化してきたとか、あまりやりたいことでなくなったからという理由で、
それまでの事業内容とは全く異なる分野へと飛び込んでいかれる方
がなかにはいます。

上手くいっている事業をまわしながら、別分野へと徐々に参入していくのは
良いのですが、上手くいっている事業を手放して、いきなり畑違いの分野へ
とびこんでいくのは・・・かなりのハイリスクになります。

そんな人がいるのか?と思われるかもしれませんが、
実際にいらっしゃるのです。

すでにやってしまったあとに、このような相談を受けると、
これだけ起業が盛んになっている現代、ビジネスの基礎、経営の基礎
だけでも、中高生ぐらいから学校教育で教えていった方が良いのでは?
とさえ思います。

四柱推命的運勢の視点から言えば、このようなやり方をするのは
特に運がダウンしている時、また性格的には比劫強でおさえがなく、
破財になっている、勢いや度胸はあっても慎重さに欠ける性情の干支が並んでいる
場合におこりやすいと言えるでしょう。

運が・・・というよりは知識さえもっていれば避けられるリスクですから
運だけのせいにはできないですね。

さて、もし自分が今している仕事よりも、
もっと他にやりたいと思えることがでてきた場合、
また今やっている事業では将来的に先細りしていくのがみえているという場合、
どのようにシフトチェンジしていけばスムーズなのか?

それは今うまくいっているところを大切にしながら、
新規事業への参入計画を念入りに市場調査を行いながら
組みたてていくこと、これが大切です。

ちょっと慣れないパワーポイントを使って図をかいてみたのですが、
これがビジネスを創っていくときの大切なポイントです。

 

①自分の才能・強みを活かせる分野であること

②自分の想いややりたいことであること

③市場ニーズがあること

この1~3が全て重なり合っているところで、
誰もまだやっていない、新たな価値を提供するビジネスを
創りあげることが上手くいく秘訣になります。

ちょっと長くなりましたので今日はここまで。
次回に続きます!