四柱推命的視点も絡めてみる、ビジネスにおけるリポジショニングの方法とタイミング-Part.3!

今晩は。
佑木 美月です。

相変わらず日々の仕事、大学の予想以上のボリュームの
タスクに忙殺されている毎日です(笑)

前回の更新からまた
大分間が空いてしまいました。

今日はビジネスにおける
リポジショニングの方法とタイミングについて、
引き続きお話をしていきます。

その前に、何故私がビジネス戦略について
いろいろ書いているかというと、

起業家、経営者の方にとって、
運のバックアップがあるかどうか?ということは
仕事が調子よく進んで行ったり、結果がでやすいことへの
影響の一つとしてからんできますが、

単に「運」だけに頼っていては、当然ですが
経営をうまくいかせることはできません。

特に最近気になっているのは、
経営がうまくいかないことの原因を「運」だけのせいに
しているような場合です。

もし、うまくいかないことの原因を単に「運」
だけのせいにしていたら、
では運が良くなるまでじっとただ待っていれば良いのでしょうか?

運が良くなってきたら、そのままの同じやり方で
また売れていくのでしょうか・・・?

どんなに上手くいっているビジネスでも、
同じやり方でずっとうまくいくということはなくて、
いつか必ず「衰退期」というものが訪れます。

これは世の中の情勢や顧客ニーズの変化によって
必然的に起こるものなので、仕方ありません。

むしろ、変化するのが当たり前!と思って
窮地に陥る前に、
事前に「次の一手」
を打っていくことが必要になります。

つまりまだある程度は上手くいっていて、
余裕が残っている時に行う、

これが「リポジショニング」の良いタイミングです。

リポジショニングが上手いな~と私が思っている
企業の何社かは以下です。

大企業でも、その考え方や戦略を
個人のビジネスに置き換えて考えてみると
思った以上に学ぶべきところが沢山見えてきます。

1.富士フイルム
カラーフイルムの需要がまだ拡大している1980年代に
きたるデジタル時代をみすえて、いち早く
フルデジタルカメラを発表。

その後は、強みである写真フィルム技術を活かして
応用し、化粧品事業や医薬品事業にも参入し
順調に事業拡張をしています。

単にカラーフィルムの販売だけにとどまっていたら
生き残っていられなかったでしょう。

2.(株)鎌倉新書
もとは仏壇仏具業界向け書籍を売る出版社でしたが、
インターネットの発達によって、葬儀会社の検索や
お葬式のマナー、葬儀に関する総合情報サイトである
「いい葬儀」の運営を開始。

もともと出版社ではなく、「情報加工会社」と自社を定義づけ
していて、インターネットの普及とともにそれをうまく活用し
リポジショニングに成功。

3.(株)タニモト
もともと、自動販売機の設置や保守点検の事業を行っていた会社。
取引先からコインシャワー事業をまかされたことがきっかけとなって
それまでの経験や技術を活かし、海水浴場のコインシャワーに始まり、
様々な工夫をして組み立て式コインシャワーの開発などを行い、
震災の際にもそのシャワーが活躍。
一か所にとどまることなく、顧客ニーズにこたえて、
シャワーの開発を続けている企業。

共通しているのは自社の強みを活かして
時代の流れをよんで、顧客ニーズを把握し、
それを次の一手に応用させていっているところでしょう。

提供するサービスは変化しても、
それぞれの「強み」というものは、
今まで行ってきた事業の中に
いつもあるものだと私は思っています☆彡

またまた長くなってしまいましたが
ご参考になれば嬉しいです☆彡

明日は、早朝から浜松へ帰省~^^
早いもので父の一年祭(神道なので)です・・・。