自汗・盗汗 vol.2-汗のお悩み

こんばんは。佑木 美月です。

 

あっという間に気づけば12月中旬です。毎日やることだらけでPCばかり見ているので、目が痛いです^^

 

目を使いすぎると、五臓の肝も傷むのでイライラの原因にもなります。控えたいのですが・・・仕事なのでそうも言ってられません。

 

そして、少しだけお知らせです。

 

やっと、中医学・漢方、マクロビオティック、食の問題などを融合させた講座「ハーモニー食養生講座」のカリキュラム&テキストが完成しました!テキストはまだもう少し手直ししますが、来年には公開できます。

 

もっと早くに完成予定が、作っては手直しを繰り返していたので約1年半ほどかかってしまいました。

 

新しいHPができるのが来年2月頃なので、先にメルマガとラインでお知らせ予定でいます。初回限定の特典もありますので、ご興味がある方はぜひ、ご登録ください^^

 

 

さて、今日は汗のお悩みの2回目です。今日は原因の1つ目、「肺気不足」についてお話していきます。

 

これは、五臓の肺が弱っていて、うまく機能していないということになります。

 

もともと、虚弱体質で肺が弱かったり、長い間喘息を患っていたりすると肺気が不足していきます。あとは、タバコの吸いすぎなどの不摂生でも肺の機能は衰えます。

 

肺と皮毛(皮膚表面)は表裏の関係にあるので、肺気が不足すれば、皮毛の汗を排出している腠理が開いたままになってしまい、汗が大量にでていきます。

 

症状としては、少し動いただけで汗が沢山出る、風邪をひきやすい、体力がなく疲れやすい、顔色が悪いなどがあげられます。

 

舌の苔は、このタイプの方は白色であることが多いです。脈は細い方が多いでしょう。

 

五臓の肺は金の五行にあたります。

 

四柱推命上、先天的な生命エネルギーで金に問題があったり、また後天運の大運で金の部位に問題でてきて、痼疾を作ったりする場合もあります。

 

このタイプの方にあう漢方薬は玉弊風散(ぎょくへいふうさん)です。

 

この漢方薬中の黄耆(おうぎ)は気をふやし体表のバリアを機能を強め、汗を止める作用があります。また白朮(びゃくじゅつ)は脾の機能を高め、水の巡りをよくします。

 

金の肺がいたんでいる方は、それを生じる土にあたる脾も弱り、内臓の冷えが強い方が多いでしょう。

 

冬は特に身体をあたためる食事で、冷えに注意した方が良いでしょう。

 

私も、もともと冷え性なのですが、今年は初の奈良で迎える冬。最近かなり寒くなり、腹巻をして電気毛布もかけて、防寒をしています(笑)

 

 

 

 

 

 


~運をコントロールし、切り拓いていく力を身に着けたい方へ~
2022年 1月スタート!四柱推命講座 新規受講生募集中♪

 

 

運を切り拓くメソッド☆改運力を磨く!無料メール講座

メールマガジンの詳細やサンプルをお読みに
なりたい方は以下のページからご覧いただけます。

https://www.mituki-y.com/official-email-magazine/

 

 

新型コロナ・ワクチン・世界情勢について、スポットで配信する
無料メルマガです。

 

【佑木 美月★公式LINE】

▼公式LINEのご登録で、

「目的達成までの道のりが
グーンと縮まる!!
改運花文字待ち受け画像」

をプレゼントしています!

ブログの更新情報もタイムラインで
ご案内しています。

友だち追加

 

 

 

末永く活躍できるビジネスを創る ホリスティック四柱推命Ⓡビジネス学舎

無料メール講座でビジネスの基本のキが学べます♪

 

LINEで送る
Pocket