望む未来は自分でつかみにいくもの

こんばんは。佑木 美月です。

 

先週の日曜日は四柱推命ビギナーコース17期とプロフェッショナルコース10期の講座を行ってきました。コロナの収束がみえるまでは、会場人数は半分以下におさえて、オンラインと並行で行っています。またコロナ感染も増加していますし、まだまだこの体制が今年も続きそうです。

 

 

さて、今日は「望む未来は自分でつかみにいくもの」ということについてお話をしていきます。

 

将来○○になりたい・・・と思いながら、1年、2年たち一向に変わっていけないという方がいます。一方、○○になりたい!と思ってそれを時間がかかっても達成している方もいます。

 

この違いは何だと思いますか?

 

答えは、「変わる」ことができるかどうかです。

 

一回り成長したい、自分の望む未来を手にしたいと思ったら、今のままの考え方や行動をしていても手にすることはできません。そのハードルが高ければ高いほど「大きく変える」ことが目的達成のために必要になってきます。

 

大変とは大きく変わると書きますが、自分自身に大きな負荷がかかってくるのも事実です。

 

ですから、多くの方が実は変わりたくないと潜在意識の部分では思っているのが事実です。だから、行動が変わらないのです。

 

しかし、大変であっても、パワーバランスが働きますので、大きな負荷を努力をしてのりこえらえれれば、そのかわりに目的が達成できたり、一回り成長できたりするのです。

 

そして、運というものもこれと同じように、自分で積極的に切り拓いていくものです。たとえ結果がでにくい運であっても、そこで努力を続け勉強をしたり、良き種まきをしていれば、のちにきれいな花を咲かせることができます。逆に荒れ果てた怠惰な土地にはきれいな花を咲かせることはできません。

 

「宿命」と「運」は違うものです。

 

宿命は生まれた時代や国、家族、性別、持って生まれた才能など変えられないものをいいます。しかし、「運」というものは自分自身で操縦ができてコントロール可能なものです。

 

もちろん、ネコが馬になれないように、もともともっている素材(宿命)を全く別のものに変化させることはできません。ネコと馬がどちらが良いのかという優劣もありません。それぞれに個性があって、役割があるということです。

 

ですから自分の器を知るということはとても大切です。ネコなのに馬になりたいと、不平不満ばかり言っていたら素材を活かしきれずに終わってしまうからです。

 

自分がどんな場所でどのように暮らし、どんな人間関係を築き、何を大切にして生きるのか、それらは、自分のもっている素材の活かし方と努力次第でいかようにも変えられるということです。

 

なので、今、何か満たされないと感じていたり幸せであると言えないのであれば、どういう環境になれば幸せと言えるのか、そして、その環境を創りだすために自分はどう行動していったら良いのか、じっくり考えてみることが大切です。

 

その大切な部分をおざなりに日々の生活に流されながら生きていくと、路頭に迷いこんだり、私の人生こんなはずじゃなかった!とあとになって後悔することになりかねません。

 

今日から4月。4月は新たな環境に身を置いたり、新たな人間関係も広がっていく季節です。

 

今までもやもやっとしていたり、行動がストップしてしまっていた方も、気持ちをきりかえて新たなスタートを切るのには良いタイミングですね。

 

 

 

 

 

 

 

来月奈良に引っ越すので、畑も急遽、生駒へ転園しました。今度は広くて16㎡もあります~^^今夏野菜の固定種の種から苗を育てている最中です♪

 

 

 

 


 

【運を切り拓くメソッド☆改運力を磨く!無料メール講座】

メールマガジンの詳細やサンプルをお読みに
なりたい方は以下のページからご覧いただけます。

https://www.mituki-y.com/official-email-magazine/

 

【佑木 美月★公式LINE】

▼公式LINEのご登録で、

「目的達成までの道のりが
グーンと縮まる!!
改運花文字待ち受け画像」

をプレゼントしています!

メッセージもお気軽に
送っていただけます♪

友だち追加

 

LINEで送る
Pocket