著書

Ⅰ.四柱推命で掴む成功戦略
―ビジネスに大切な時機と相性の活用法―
(2015年11月出版)

CONTENTS
書籍内容のご紹介

「占いに気休めなどいらない。」不幸の連続だった過去、何とか運を好転させたいと強く願い、四柱推命と出会い、以来、真に人生に活かせる占術を追及。四柱推命を実際にどのようにビジネスに活用させていくのかを、起業のタイミング・雇用・事業承継など、実例を多数挙げ解説。「心・技・体」のトータルバランスを調えながら、積極的にビジネス運をアップさせるノウハウも解説。光が見えない…そのような時に未来を照らす一冊。

 

CHAPTER
書籍の目次

第1章 占術に対する私の考えと四柱推命について

1.良い占い師とは?
2.私が四柱推命の勉強を始めたきっかけ
3.四柱推命とは?
4.四柱八字の出し方
5.大運の出し方
6.相生・相剋・幇
7.命運を読むためには、まず日干の強弱を知る
8.通変について
9.ビジネスに活かす

第2章 四柱推命をビジネスに活かす

1.初めての起業を軌道にのせるために
2.運の流れからよみとる起業のタイミング
3.起業家の命を考察
4.会社の設立日について
5.良い社名の選び方
6.事務所や店舗の選び方
7.起業してから3年、どのように事業を展開していくか?
  運のパターンによる事業展開の進め方

第3章 雇用・人事について

1.どの部署に配属させるか?―適材適所の実現
2.性情の推し方
3.個人の性格・資質別に才能を発揮できる分野を知る
4.俸給生活に向かない、独立志向の強い命について

第4章 事業承継について

1.誰に承継させるか?人選とタイミング

 

第5章 積極的に改運していく為に

1.心・技・体のトータルバランスを調える
2.「技」―古来の知恵を取り入れる
3.「心」―自己変革
4.「体」―未病体を既病体にさせない
5.良い波動は周りへ循環する

 

 

 

Ⅱ.実践四柱推命学入門 ―未来を創るヒント―
(2017年12月出版)

CONTENTS
書籍内容のご紹介

本書では、未経験の方にもできるだけ最短距離で正しい四柱推命を理解していただけるようにポイントを絞り、一から段階を追って学んでいただけるように工夫をしました。
さらに、四柱推命を勉強したが読めるようにならず藪の中というような経験者の方にも、なぜそれまでの四柱推命では読めなかったのか、本書を通してご理解いただけると思います。
また私自身の研究も進み、土性支の数値や格、用神の取り方の一部になりますが、前書「四柱推命で掴む成功戦略」で採用していた理論に変更を加えた箇所があります。
四柱推命を勉強し始めてから十数年、まだまだ研究途上の部分もありますが、精密に命運を読み解くことができるように、日々実践での研究も重ね続けてきた結果、一つの集大成としてこの本を著しました。
これから四柱推命の勉強を始められる方、勉強に行き詰まりを感じられている方が、本書を通して少しでも学習を進めるための手がかりを掴んでいただくことができましたら幸いです。


CHAPTER
書籍の目次

第1章 四柱推命のあらまし

1.四柱推命とは?
2.四柱推命でどのようなことが分かるのか?

第2章 基礎となる考え

1.陰陽五行論
2.十干
3.十二支
4.六十干支
5.干支暦
6.二十四節気

第3章 四柱八字と大運

1.正しい出生時間について―真正生時
2.四柱八字の出し方
3.大運の出し方
4.四柱八字の意味
5.命運を知るための初めの一歩!―日干の強弱を知る

第4章 相生・相剋・幇

1.五行の相生・相剋・幇
2.十干の相生
3.十干の相剋
4.十干の幇

第5章 支の「生・剋・幇」

1.支の働き
2.蔵干について
3.十二支の相生
4.十二支の相剋
5.十二支の幇

第6章 干と支の「生・剋・幇」

1.天干と地支の相生
2.天干と地支の相剋
3.天干と地支の幇

第7章 「生・剋・幇」の方法

1.実際命を使って「生・剋・幇」の練習
2.日干強弱の判定方法
3.通変について
4.日干強弱の判定―四柱八字の数値変化の練習
5.旺相死囚休という考え方―五行の四季による質的な強さ

第8章 運才の喜忌を推す

1.大運干支・流年干支と原局(四柱八字)の関係

第9章 調候―寒暖燥湿からの水平理論

第10章 格局について

1.普通格局
2.変則格局

第11章 用神の定め方

Ⅰ.普通格局の用神の定め方
  喜神・忌神・閑神の定め方

Ⅱ.変則格局の用神の定め方

位相について

Ⅰ.普通格局の位相について

Ⅱ.変則格局の位相について

第12章 事象の推し方

1.通変と六親
2.性情について
3.適性進路・適職について
4.病源について
5.容姿について
6.相性―結婚・良きパートナーの選び方

第13章 変則格局の事象の推し方

1.六親の見方
2.性情の見方

第14章 実際命の解命方法

1.食傷の働き「食傷の通関と食神制殺」
2.商売で成功するには?―商売の向き・不向き
3.己土濁壬とは?
4.事故や怪我はいつ起こる?
5.命運アップのための積極的改運法―奇門遁甲の実践例