月経痛の原因 vol.2ー中医学・漢方と四柱推命

こんばんは。佑木 美月です。

 

今日は月経痛の原因の1つ目、気滞血瘀(きたいけつお)についてお話していきます。月経痛の原因の多くはこれです。

 

ストレスや緊張によって肝の疏泄が乱れると、身体の気の巡りが滞り、連動して血の巡りも悪くなります。

 

月経前やその前後というのは、精神的にホルモンの関係で不安定になりやすい時です。その時に、イライラしすぎたり、多忙で神経がはりつめた状態などが続くと、月経痛はひどくなります。

 

月経前から痛みが出る場合もありますが、主に月経開始1日目、2日目に痛みが強いのが特徴です。下腹部の痛みに加えて、肝胆の経絡がある脇胸部の張った痛みも生じる場合があります。月経前に胸が張りやすいという方はこのタイプの可能性が高いです。

 

月経の血液は量が少ないことが多く、塊のようになって出てくることも多いです。塊が出ると痛みは軽くなっていきます。

 

このタイプの方は、月経周期は安定していないか、または周期が遅めであることが多いです。

 

四柱推命からみると、肝の木の部位や心の火の部位に命運上問題が出ていると、このタイプになりやすいと言えます。

 

自分の生命エネルギー上、木に問題があるということはストレスにも弱くなっているということなので、ストレスの原因をつきとめて、上手に処理していく事が大切です。

 

イライラや緊張状態が続くということは、交感神経優位となっていて、リラックスできていないので健康にも悪く、生理痛悪化の原因にもなります。

 

食事は、交感神経を刺激する極陰性の砂糖やお酒、コーヒーなどは控えて、身体は冷やさないようにします。また生理中は血不足になりやすいので夜は、いつもより早めに寝て血を養うようにすると良いでしょう。

 

あと、呼吸器の調子が悪いときや、精神的な不安定さを解消するためのポイントでもあるのは首の後ろの部分です。それから肩甲骨あたりの背中の部位。

 

首の後ろは邪気が入ってきやすい所であると言われています。

 

また、背骨が曲がっていると、身体の歪みにもつながって気の巡りも悪くなっていきます。肩甲骨がかたまっていて動かない!という方は、毎日少しの時間でも軽い運動で肩甲骨をほぐしてあげると良いです。

 

 

そして邪気が入りやすい、首の後ろはストールなどをまいたり、タートルネックを着たりして冷やさないようにしてあげると良いです。

 

呼吸器の調子をととのえて、鼻から深い腹式呼吸ができるようになると副交感神経が働いてリラックスできるようになります。良いアイディアもでてきやすくなりますよ。

 

 

 

 

 

 


<<運を切り拓くメソッド☆改運力を磨く!無料メール講座>>

メールマガジンの詳細やサンプルをお読みに
なりたい方は以下のページからご覧いただけます。

https://www.mituki-y.com/official-email-magazine/

 

【佑木 美月★公式LINE】

▼公式LINEのご登録で、

「目的達成までの道のりが
グーンと縮まる!!
改運花文字待ち受け画像」

をプレゼントしています!

友だち追加

 

LINEで送る
Pocket

タグ: