食べられない時代に備えて

こんにちは。佑木 美月です。

 

昨夜はオンライン参加である勉強会にでていました。そこでまたいろいろな学びが出来たので、今日は食の問題について今、非常に危機的な状態に日本があることを知っていただきたいと思い、ブログを書いています。

 

私は一昨年の秋、在籍中のビジネス大学で、偶然にも研究課題としてちょっと調べてみたいなと思って手を付けた、フードチェーンのことを調べていったときに、世界が、また日本が食のことで危機的な状況にあると知ることになったのです。

 

ある意味、知っている方からすれば、そんなの今頃知ったのか!と言われると思います。本当に無知とは罪でもあるし、恐ろしいことだと実感しました。知らないことで、自然環境の破壊や未来の子供達の食の安全をも奪ってしまっているわけですから。

 

そこから、自分自身も畑を借りて有機栽培を始めたり、周りの人へも知らせなければいけないと、ブログやメルマガを通して食の問題についても発信しつづけてきました。

 

種苗法改正案についても、審議前に参議院の農水委員の方々へFAXもして思いを伝えました。しかし、予想はしていましたが残念ながら種苗法改正案は通ってしまいました。

 

そのあとに待っていましたとばかりにでてきたゲノム編集のギャバトマト!その苗をまた企業が無償提供するというプロモーションをかけたものですから・・・案の定、なんと1週間で3000人もの応募があったようなのです。

 

まさか、私のメルマガを取られている方は買われてないと思いますが、同じ思いの方々と一緒に、引き続きダメなものはダメと声をあげていくことの大切さを実感しています。

 

まずゲノム編集はGMO(遺伝子組み換え)の延長にあるものです。そして、今の技術ではマーカー遺伝子が必要とされているので、ネオマイシン耐性、カナマイシン耐性、ハイグロマイシン耐性の他の生物の遺伝子細胞が使われているのです。このマーカー遺伝子と言われるものは、遺伝子組み換え作物でも使われています。

 

米国疾病予防管理センター(CDC)は抗生物質のきかない感染症が毎年280万人が感染、1年で3万5000人もの人が死亡してると発表しています。日本でも 2019年に、国際医療研究センターが 2種類だけの薬剤耐性菌感染症で年間約8000人が死亡していると発表しています。

 

抗生物質耐性菌の問題については、細菌がどんどん変異して強くなっているからだと言われている方もいますが、本当にそれだけが原因なのでしょうか?細菌の変異はあることですが、何か原因があって細菌たちは変異をしていくわけですからその根本の原因は何かを考えないといけないと思います。

 

 

何を育てようが自由だという方もいるかもしれませんが、歴史上モンサント社(現在はバイエルが買収)が交雑の問題で育成者権を主張し種子を支配していったように、ゲノムトマトも在来種との交雑の問題がじきにでてくるでしょう。今、どうやって交雑を防ぎ、在来種を守れば良いのか、それもいろいろな方々の意見を聞きながら私も勉強しています。

 

とにかく、今はもう種苗法改正も通ってしまい、食料自給率約37%程度の日本では、多国籍企業の作り出す種苗そして、作物がどんどん市場を占めていき近いうちに、消費者側が安全な食品を自由に選んで買う権利すらなくなっていくでしょう。今でさえも、種子も消毒していない、100%オーガニックのものを探すのは非常に難しくなっていますから。

 

しかし、私は自分がどんなふうに人生の最後をむかえたいのか考えた時に、やはりピンピンコロリといきたいなと思ったのです。そのためには、「食べることは生きること、生きることは食べること」で食が本当に大切だと思ったのです。医食同源です。

 

食べる物が思考をつくり、性格をつくり魂にも影響を与えます。そして運にも影響をもちろん与えます。自分自身が本当に良い状態で自分の能力を100%だしきって生きていたいと思ったらまず食をととのえることが大切なのです。

 

千葉県のある小学校で、学校給食をオーガニックにしたら学力がUPしたとの報告もでているようです。

 

オーガニック食品に変えた3256人のアンケート結果では、身体の不調の中で消化器系の問題が85.2%の方が改善したというデータもあります。その他、アレルギー、倦怠感、関節痛、記憶力、メンタル面、不眠症、高血圧などさまざまな不調が改善されたということです。

 

私自身は、昨年春からオーガニックに食を切りかえました。そうしたら慢性下痢がピタッと止まり、生理不順もなおり毎月満月付近にくるようになりましたし、集中力ややる気もUPし、むくみも改善されました。2年くらい飲み続けていた漢方薬も今は飲まなくても大丈夫になりました。今はあれだけ頻繁に外食をしていた過去には戻りたくないと思ってしまいます。

 

食への関心が深くなり、自分でも作ってみようと家庭菜園を始める方が増えれば、日本の食料自給率もUPし、食糧難の時代に備えていく事もできます。また無農薬、無化学肥料で作物を育てることは環境破壊をくいとめることにもつながるのです。消費者が、オーガニックの食品だけを求めるようになれば、危険な食品の数々は市場から姿を消していくでしょう。

 

なぜ、今癌が二人に一人と言われるのでしょうか?
なぜ、発達障害やアトピー、アレルギーを持つ子供が増えたのでしょうか?
なぜ、切れる人や鬱になる人が増えたのでしょうか?
なぜ、不妊症になる人が増え、また精子の数が激減しているのでしょうか?

・・・

 

自分が感じた「なぜ」をそのままにしないで、深く考えていくと真実はみえてきます。病気を運のせいにされる方もいますが、動画でお話しているように食べ物が原因での病気は3つあるうちの<<肉体の病>>が原因なので運は関係ありません。                            

 

サステナブルな社会をつくっていくこと、ビジネスもそれが大切だと私は思っています。

 

 

 

 

 

 

 


<<運を切り拓くメソッド☆改運力を磨く!無料メール講座>>

メールマガジンの詳細やサンプルをお読みに
なりたい方は以下のページからご覧いただけます。

https://www.mituki-y.com/official-email-magazine/

 

【佑木 美月★公式LINE】

▼公式LINEのご登録で、

「目的達成までの道のりが
グーンと縮まる!!
改運花文字待ち受け画像」

をプレゼントしています!

友だち追加

 

LINEで送る
Pocket