癌についてⅠ―中医学・漢方と四柱推命

こんにちは。
佑木 美月です。

本当に暑いですね~!!これも温暖化が進んでいるという証拠ですね。

コロナ、食の問題、環境破壊・・・ 
今年は本当に何が大切なのか?
もう一度、原点に戻っていろいろなことを考えさせられる年になりました。

おかげで、大切にしていきたいことが本当にはっきりしてきたので、今後もそれに基づいていろいろな発信を続けていきたいと思います。

さて、今日から四柱推命的観点と中医学・漢方からの視点をからめながら、「癌」について連載をしていきます。

近年、私の身近で癌になる方が増えています。また私自身、実は最近受けた人間ドックで婦人科でひっかかってしまい、現在再検査を進めている最中なのです。ドクターからはものすごく初期の段階で、癌とは言えないが、再検査が必要だと言われました。

私は、2011年より四柱推命上の大運が変わり、金気の強い忌神運をいっていますので、毎年検査はかかさず受けていました。ここ数年は1年ごとの運でも良くない年が重なっていましたので、病源をつくりやすい体質になっているということです。実際も昨年は胃カメラで胃ポリープがみつかり切除しています。なので今回も想定内の出来事であって、特にびっくりもしていません・・・^^

今、食や農業の勉強もしていますが、スーパーで売られている多くのものが、食べ続けていれば病気につながっていく可能性が高いものです。こういうことも、癌になる人が増えている原因だと思います。昔はここまで多くなかったですからね。

とにかく、いくら気を付けていてもなりやすい体質というのは、四柱推命の生命エネルギーの状態でありますので、<<早期発見!>>につなげることが大切です。

 

四柱推命で腫瘍をつくりやすい体質は主なポイントをいうと以下になります。

1.土・金のエネルギーの働きが悪い

土は胃・脾の部位にあたります。金は肺・大腸。五臓の肺は宣発、粛降作用によって、体内の濁気を排出し、脾(土)により運ばれた津液や水穀精微(栄養)を全身に散布し皮毛(金)まで運ぶ働きをします。皮毛には体内に外邪(邪気)を侵入させないというバリア機能があります。

また、大腸は食物残渣に含まれる余分な水液を吸収し、便として肛門から排出させる機能があります。

つまり五行の金にあたる、肺と大腸は身体の浄化作用と深く関連しているのです。

2.水・火のバランスが悪い

四柱推命は「極めれば水火」という言葉がありますが、生命エネルギーの水火バランスは健康に深く関係しています。調候バランスでもあるわけですが、このバランスが崩れると病気になりやすくなります。いくら、日干と対象物の力量バランスがとれていても、調候バランスが崩れていたらNGです。

五臓では火は心にあたります。心は陽中の陽とも言われ、五臓六腑の大主とも言われます。血脈を主り、神志を主る。「君主之官」とも言われますが、これは心が体の中で君主のような役割をしていることを意味し、病気が重ければまず心を守る必要があると中医学では考えられています。

また水は腎で、火とは相剋関係にあたります。腎は陰中の陰と言われ、腎には先天の精気が蓄えられていてこの気が尽きた時に人は死を迎えると言われます。

その他に、命門といって精神の宿る場所で元気につながるところであると考えられています。五臓六腑の陰は全て腎陰により滋養され、陽は全て腎陽によって温養されるため、「腎陽は命門の火、腎陰は命門の水」とも言われます。

五臓(肝・心・脾・肺・腎)はすべて重要ですが、特にこの火(心)と水(腎)の関係は健康面でも重要なポイントになります。

私の場合は、火が足りず湿に傾いているのでこれも問題なのです~^^!!

 

そして中医学では、癌になる原因として以下の3つが挙げられています。

1.飲食の不摂生
不摂生な飲食によって痰湿(痰濁)が発生することで癌を発生させるという考えです。痰湿とは体内の水の巡りが滞って、有害な物質へと変化していることです。脂っこいもの、甘いもの、お酒などの過剰摂取はこの痰湿につながります。

水の巡りに関係がある五臓は脾(土)、肺(金)、水(腎)です。

2.情緒の失調
精神的なストレスは気の滞りを起こし、それによって血液の巡りも滞り、お血を引き起こします。それによってしこりができるという考えです。

また七情(怒(木)、喜(火)、思(土)、憂・悲(金)、恐・驚(水))の失調は、五臓の機能にも悪影響を与えます。体力が落ちやすくなり、そこに邪気が入り込むことで、経絡の運行をさまたげ、癌を発生させることがあります。

心(火)は精神を司ると言うのが中医学の考えです。また肝(木)はストレスを最初に受ける場所になります。木火の五行のバランスは、四柱推命上、精神的なストレス耐性度をみる判断材料にもなります。

3.虚労
後天の本と言われる脾(土)が悪くなることで、気血が消耗し臓腑の機能が低下して邪気が入りやすくなります。また先天の本である腎が悪くなることでも、気が減って同じ状況になります。これらが癌発生につながるという考えです。

 

以上ですが、次回に続きます!

 

 

 


 

<<運を切り拓くメソッド☆
幸運体質をつくるための1分メール講座>>
原則週2回のペースで配信しています。
スポットでも大切な情報を配信しています。

自分の命運を真に良い方向へと改善させていく
ためには、吉方位、改名、家相を良くするなど、
一側面からのアプローチだけでは不十分です。

特に外的影響に振り回されやすい
感情のコントロール方法と、
自分の体質にあった安心安全な食生活が
できるようにしていくことで、

心身のバランスが整っていき、穏やかな気持ちで
毎日を送ることができるようになると、
ビジネスも人生も自然に良い方向へと駒を進めます。

特別セッション、セミナーなど、
メルマガ読者様の方に優先してご案内しています。
読者登録や解除はいつでも自由にしていただけます。

メールマガジンの詳細やサンプルをお読みに
なりたい方は以下のページからご覧いただけます。

https://www.mituki-y.com/official-email-magazine/

 

【佑木 美月 YouTube】

改運方法や講座風景など動画配信しています♪
https://www.youtube.com/channel/UClJgNFo7uWqgn9tofADeJUw

 

LINEで送る
Pocket