コロナ感染予防と食養生-1

今晩は。佑木 美月です。

 

この冬は予測していた通りコロナ感染が拡大していますが、今私が住んでいる大阪も医療崩壊が起こっています。

 

ワクチンの安全性も保障できない今は、とにかく、予防につとめ、慌てないためにも万が一感染してしまった時のための「備え」も必要だと思っています。感染しても病院がすぐに受け入れてくれる可能性は低いわけですから。

 

具体的には家庭でできる対症療法や食養生です。長くなりそうなので何回かに分けて記事を書いていきたいと思います。

 

今までにない厄介なコロナウイルスですが、ここまでのいろいろな情報をみていると、中医学的観点からもみえてくる部分もあります。

 

まずウイルスによって、五臓の肺(金の部位)に病変がおこります。

 

五臓は「九竅(きゅうきょう)」といわれるものと結びついています。五臓の状態はこの九竅にあらわれてくるのです。

 

肝:目 心:舌 脾:口 肺:鼻 腎:耳、二陰(尿道を含む外性器と肛門)です。鼻の穴は2つありますが1つで計算します。目は2つ、舌は1つ、口は1つ、鼻は1つ、耳2つ、二陰は2つで計9つで九竅です。

 

コロナウイルスに感染すると、臭いがわからないという、嗅覚障害が起こるのは肺がこの九竅である鼻とむすびついているからです。

 

また五臓にはそれぞれ、相生相剋の関係があってお互いに影響しあいながら、バランスを保とうとする、そのような働きがあります。

 

金(肺)は土(脾)から生まれ、水(腎)を生みます。また肺と相剋関係にあるのは心(火)と肝(木)です。

 

つまり、肺(金)に問題が起こればそれを制御している心(火)に問題がでやすくなりますし、また肺と相生関係にある脾(土)や腎(水)も影響がでやすいということです。

 

病気の問題は、今までもお伝えしてきましたように「水火のバランス」が最も重要と四柱推命でも考えますから、最終的には水と火のバランスが大きく崩れることで、病が重症化していくのだと私は考えています。

 

また嗅覚障害に加え、味覚障害も起こりやすいと言われています。「味覚」は五臓では火(舌)と土(口、唇)でみます。

 

その他、皮膚の発疹などの皮膚症状もでているようですが、肌の健康状態は主に土(肌肉)金(皮毛)の部位でみていきます。金の皮毛は肌の一番表面、肌肉はその奥の部位になります。

 

また心(火)の部位に悪影響がでれば、それと相剋関係にある腎(水)にも影響がでます。これによって寿命とも深く関わっていると言われる「腎」、そして五臓六腑の大主と言われる「心」、この2つの五臓がいたむことで生命エネルギーが衰弱していくのです。

 

コロナウイルスに感染しても、無症状や軽症の方、そして重篤化する方と人それぞれ症状の出方が違います。

 

重篤化しやすいというのは、加齢もあるでしょうが、決してそれだけではないのは、身体にある「正気」(病邪に対する抵抗力)の力が人によって違うのと、五臓の健康具合や、心臓病や糖尿病などの持病をもっているかどうかなど様々な要因がからんでいるでしょう。

 

あとは普段の食生活や中医学で言われる内感七情(メンタル面)などの影響も決して無視できないと思います。

 

長くなりましたので次回に続きます♪

 

 

 

 

 

 


 

<<運を切り拓くメソッド☆改運力を磨く!無料メール講座>>

メールマガジンの詳細やサンプルをお読みに
なりたい方は以下のページからご覧いただけます。

https://www.mituki-y.com/official-email-magazine/

 

【佑木 美月★公式LINE】

▼公式LINEのご登録で、

「目的達成までの道のりが
グーンと近づく!!
改運花文字待ち受け画像」

をプレゼントしています!

友だち追加

 

【佑木 美月 YouTube】

良かったらチャンネル登録をおねがいします♪
https://www.youtube.com/channel/UClJgNFo7uWqgn9tofADeJUw

 

LINEで送る
Pocket

タグ: ,