四柱推命アドバンストコース12期が修了!

こんばんは。佑木 美月です。
昨日はアドバンストコース12期の最後の講座日でした。

 

今年はコロナの影響で、春からズームとリアルの講座の同時並行できる体制をととのえ、至らない点もあったと思いますが、講座の進行はとどこおることなく無事に最後まで行うことができました。

 

 

ご協力くださったみなさまに感謝しています。また、引き続きプロコースへもお申込みいただきありがとうございます^^

 

昨日は調候のアンバランスさからくる、事象や病源について八字を読み解いていきました。

 

その中で、「癌が増えていますよね!」という生徒さんのお声もありました。

 

四柱推命で癌になりやすい八字がありますが、それは決して昔と比べて癌体質の命が増えているというわけではありません。今は「二人に一人は癌」と言われますが、どうしてこうなってしまったのでしょうか・・・?

 

医食同源と言われるように、人間の健康に大きな影響を与えているのは、毎日の食事です。

 

古来日本でつくられてきた食文化は、日本の自然環境を活かした知恵でもあり、日本人の体質にもっともフィットしている食事なのです。

 

それが第二次世界大戦以降、食は大きく変化をしていき欧米化されてしまったのです。

 

戦後の日本では、小学校へ主食のお米のかわりにパン食が導入されていきました。これは食糧難の援助という目的だけでなく、アメリカの食を日本に浸透させていくためのプロモーションでもあったのです。

 

子供時代にパンや肉などの欧米型の食を与えられれば、味を覚えますのでそれが習慣となってしまうのです。

 

日本人は昔、「四つ足の動物を食べない」と言われていたように、肉は食べなかったのです。

 

なので肉はもともと日本人の体質に合わないと言えますし、全くとらない方がいいとは言いませんが、食べすぎはあきらかによくないでしょう。

 

消化も悪いですし、「腐」という感じがありますがこの府は五臓六腑の腑でもあって、つまり、腑の中に肉が入ると腐るという意味があると私は食の先生に教わりました。

 

実践経験でも、私自身はあまり肉を食べないのですが、肉を控えるようにしてから便やおならが臭くなくなったというお話をお聞きすることがあります。

 

昨日は命運上、癌をつくりやすい大運で肉ばかり食べていて大腸癌で早くに亡くなられたという方の八字を読み解いていたのですが、それは偏った食生活が癌の進行を早めてしまった原因でもあるのです。

 

悪い大運では、自分の病の進行を早めてしまうような食を自然と好んでとっている場合も多いのですが、四柱推命を知っていたらそれを防ぐことができ予防につながります。

 

私自身も、癌体質の運をいっていますので、ここ2~3年はちょこちょこ検査でひっかかってきていますが、早期発見できれば大事にはいたりません。

 

薬膳というと難しいな・・・と思う方もいるかもしれませんが、すぐにできる食の改善は、日本人の体質に合った食事、「まごはやさしい」=「豆、ごま、わかめ、野菜、魚、しいたけ、いも」と主食はお米(←できれば玄米)の食生活です。

 

この中でも魚の動物性たんぱく質は控えめにしていればより良く、病気の予防にもつながって、元気になっていくと思いますよ^^

 

あと、遺伝子組み換えや農薬、添加物を使った食品をできるだけ排除していくことも、とても大切です☆彡

 

 

 

 

 


 

<<運を切り拓くメソッド☆改運力を磨く!無料メール講座>>

メールマガジンの詳細やサンプルをお読みに
なりたい方は以下のページからご覧いただけます。

https://www.mituki-y.com/official-email-magazine/

 

【佑木 美月★公式LINE】

▼公式LINEのご登録で、

「目的達成までの道のりが
グーンと近づく!!
改運花文字待ち受け画像」

をプレゼントしています!

友だち追加

 

【佑木 美月 YouTube】

良かったらチャンネル登録をおねがいします♪
https://www.youtube.com/channel/UClJgNFo7uWqgn9tofADeJUw

 

LINEで送る
Pocket